otona

「キャバレー」

EXシアター六本木 B1F4列33番 上演台本・演出 松尾スズキ 松尾さん演出のキャバレ―が10年前!?ウソでしょ!?ってこういう再演物のたびに言ってる気がしますがほんとに10年前の実感ない。再演のニュース聞いて、そうかーうーむどうしようかなーと迷っていて…

「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」

森ノ宮ピロティホール U列36番 作・演出 松尾スズキ 情報解禁になったときには、松尾さんが!BL!みたいな方面での取り沙汰が多かったような記憶があって、東京公演のときには評判はうっすら聞こえてきていたけど個人的にじっくりネットの感想をたどる余裕…

「不倫探偵〜最期の過ち〜」日本総合悲劇協会

本多劇場 A列2番 作・演出 天久聖一/松尾スズキ ニッソーヒ、日本総合悲劇協会名義でしたが、ちょっと「変わりニッソーヒ」という趣でしたでしょうか。天久さんと松尾さんの共同作・演出。ということもあってか、松尾さんがまさに出ずっぱり!ご自身の作だ…

「マシーン日記」

東京芸術劇場シアターイースト B列15番 作・演出 松尾スズキ 12年ぶりの再演。いやー、めちゃくちゃよかった。めちゃくちゃよかったんじゃないでしょうか。思いもかけずB列が最前で、先にご覧になった方が「水防止で毛布配られますよ、かからなかったけど一…

「生きちゃってどうすんだ」大人計画

ザ・スズナリ A列6番 作・演出 松尾スズキ 松尾スズキさんひとり芝居。私は大人計画の初期を拝見していないのでスズナリで松尾さんを見られる!というのもひとつの確かな喜びでした。完全な1本の話にするのか、それともオムニバス的なものなのかどっちかな…

「ふくすけ」

シアターコクーン M列22番 作・演出 松尾スズキ 舞台で拝見するのは初めてです。ニッソーヒで上演されたものをシアテレで見てはいますが、やっぱり見ると観るとじゃ大違い。こういう、初演から何年も経った後で再演される作品を見るときについつい想像してし…

「ウェルカム・ニッポン」大人計画

本多劇場 B列5番 作・演出 松尾スズキ 大人計画フルメンバー(猫背さんお休みですが)で松尾さんの新作。パンフレットがものすごく気合いの入った出来で、読み応えあります。個人的におすすめ。つーか、しりあがり寿さんの描く劇団員の似顔絵がすばらしすぎ…

「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」ウーマンリブ

本多劇場 N列7番 作・演出 宮藤官九郎 久しぶりのウーマンリブ。この前の「七人は僕の恋人」がオムニバスだったので、「ウーマンリブ先生」以来のがっつり芝居、という感じでしょうか。それほど極端なバレは書いてないですが、いちおう畳みます。

「母を逃がす」大人計画

本多劇場 A列7番 作・演出 松尾スズキ いやー面白かった、あまりにも完璧と言っていいほどに面白かったので、ここでごちゃごちゃ言ってもしょうがない、迷わず行けよ、行けばわかるさ的な感じに陥りつつあります実際のところ。ほんと行ける環境にある方は…

「R2C2〜サイボーグなのでバンドやめます!」

パルコ劇場 J列10番 作・演出 宮藤官九郎 観劇生活20年で初のやらかしをしてしまい、開演直前まで不安なまますごす。なんとか見ることができてよかった。宮藤さん初のロックオペラに挑戦。ミュージカルもそうだけど、やっぱり音モノって普段の芝居と違…

「七人は僕の恋人」ウーマンリブ

本多劇場 I列23番 作・演出 宮藤官九郎 ほとんど2ヶ月近く経ったあとで感想書けっていわれても(いわれてない)、どうすりゃいいのさこの私、というのがある意味どんな作品だったかを言い表しているんじゃないかと思うがどうか。初日開けて二日目か三日目だ…

「女教師は二度抱かれた」

シアターコクーン A列12番 作・演出 松尾スズキ タイトルからしてもいかにも不穏、というかんじの漂う松尾さんの新作。コクーンで、染五郎さんに大竹さんと一筋縄でいかなそうなメンバーをそろえて、ということで非常に楽しみにしていました。 微妙にネタバ…

「キャバレー」

青山劇場 L列18番 日本語台本・演出 松尾スズキ 最初に見たものを親と思う、じゃないけれど、やっぱりファーストインプレッションっていうのはなんだかんだと結構大きい。私はサム・メンデス版の「キャバレー」のしかも来日公演を見ただけなんですけど(…

「ドブの輝き」大人計画

本多劇場 A列18番 作・演出 松尾スズキ/宮藤官九郎 映像監督 井口昇 ネタバレしてます。 宮藤作品/井口作品/松尾作品の順で上演。2時間半ぐらいかな。休憩はなし。 宮藤さんと松尾さんの作品って、それぞれ好きなんですけど、こうして続けてみると(…

松尾さん・・・(涙)

劇団大人計画の松尾スズキさん、「ドブの輝き」降板 劇団大人計画の松尾スズキさん(44)が、出演予定だった舞台「ドブの輝き」(10日から6月3日まで、東京・下北沢の本多劇場で上演)を体調不良のため降板する。劇団によると、過労による腎炎で、自宅…

「ウーマンリブ先生」ウーマンリブ vol.10

サンシャイン劇場 16列13番 作・演出 宮藤官九郎 基本的に見た芝居に引っ張られないというか、いちいち引っ張られてたらマチソワはしごとかできないわけで、なのでどんな舞台でも終わればそれはそれで気分の切り替えが普通にできるたちなんですけど、時…

大人計画全集

出たらしい。 大人計画 その全軌跡 1988−2006出版社/メーカー: ぴあ発売日: 2006/09/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (19件) を見る 旗揚げからの全記録。過去の全チラシ収録した完全年表つきらしい。*1 かなりいいお値段が…

「まとまったお金の唄」大人計画

大阪厚生年金会館芸術ホール H列19番 作・演出 松尾スズキ 楽しんだことは楽しんだのだが、なんとなく乗り切れないまま終わってしまったという感じが強く残ってしまいました。めちゃめちゃ笑ったし、好きなシーンも沢山あったんだけど、ひとつの芝居とし…

「七人の恋人」ウーマンリブ

厚生年金会館芸術ホール D列12番 作・演出 宮藤官九郎 七本の「恋」にまつわるオムニバスコント。笑いました。7本の中に「さすが宮藤さんだなあ〜」というものと、「さすがサダヲちゃん(に限らず、役者の誰か)だなあ〜」と思うものがあって、1本目と…

「キレイ」

シアターBRAVA! 2階B列41番 作・演出 松尾スズキ 初演はね、大阪公演がなくて。だから近小でやった、「舞台中継」を見に行ったんだよなあ*1。生で観れなかった、という思いがあるからか、この作品のDVDもCDもかなりヘビロテしていて、初演のキャス…

「蛇よ!」

スパイラルホール B列15番 作・演出 松尾スズキ 松尾スズキ&大竹しのぶのタッグ。4本のオムニバスの合間に、映像で「出しっぱなしの女」が挟み込まれる構成。 大竹さんの自由度が素晴らしくて、相変わらずどこにいても何をしても光っている女優さんなの…

「イケニエの人」  大人計画

厚生年金芸術ホール 1階F列33番 作・演出 松尾スズキ 食物連鎖、ということに気を取られていたけれどもそういえば「ループ」してたのは食物だけじゃなかったなと帰り道突然気がついたりして。ビリーとアメリが最後に二人の関係を悪いループや、っていう…

「ドライブインカリフォルニア」日本総合悲劇協会 

厚生年金会館芸術ホール F列28番 作・演出 松尾スズキ 面白かったぁ。しかし私も含めて松尾スズキを好きで大人計画を好きで見に行こうなんていう人はもう「ドロドロ悲劇耐性」というのが出来上がっていて、この芝居を観ても「あ、結構イイ話じゃん」なん…

「熊沢パンキース03」

ウーマンリブ 近鉄小劇場 B列16番 作・演出 宮藤官九郎 面白かったです。頑張ってチケット取っただけのことはありました!腹が痛くなるほど笑いながらも、ダークでマッドな空気も堪能させてもらいまして。当日パンフ、というか挟み込まれた当日ビラの宮藤…

「ニンゲン御破産」

シアターコクーン 1階R列24番 作・演出 松尾スズキ ああ、なんだかすでに記憶が薄れてきてやばいです(汗)ええと、正直一幕目はどこに焦点を絞っていいのかわからず、なんだかペースを掴めなかったんですが、二幕の後半あたりから勘九郎さんが俄然生き…

「業音」 日本総合悲劇協会

草月ホール 1階B列61番 作・演出 松尾スズキ なんだか松尾エキス原液で飲まされちゃったよ・・・って感じなんですけど。観ている間楽しかったし笑ってたんだけど、ホテルに帰ってからとか次の日飛行機で大阪に帰るまでなんだかふらふらと酔ったような感…

「春子ブックセンター」  大人計画

近鉄小劇場 K列4番 作・演出 宮藤官九郎 2時間充実した笑いをありがとう、というところかな。とにかく凄く笑わせてもらって楽しませてもらって、私的にはもうそれでおつりが来るほど充分です。いやー楽しかった!私はそれほど大人計画自体に思い入れがあ…

「マシーン日記」  スズキビリーバーズ

近鉄小劇場 J列28番 作・演出 松尾スズキ プレハブ小屋で女工をレイプしたミチオ。その女工と結婚しミチオをプレハブ小屋に鎖で繋ぐ兄のアキトシは6本指。アキトシと結婚したサチコは昔いじめられっ子で、そのイジメから救ってくれた恩師のケイコが偶然…

「悪霊〜下女の恋」  スズキビリーバーズ

近鉄小劇場 I列26番 作・演出 松尾スズキ 松尾スズキさんの真骨頂とでもいいましょうか、「ぬるい行き場のない地獄」を描ききった話。ホラーでもないのに背筋が寒〜〜〜くなってしまうシーンてんこ盛り。「お前の顔はどうしてあの人に似てないの・・」っ…

「エロスの果て」  大人計画

近鉄小劇場 K列19番 作・演出 松尾スズキ ラブリーか、デストロイ。 イケてないってことは死んでるってことと同じ。 ものすごく生きれないなら、ものすごく死んじゃいたい。大人計画初体験。なんだか久しぶりにドキドキし、近小に続く階段を下りていると…

「キレイ」

近鉄小劇場(シアターコクーンより生中継) 作・演出 松尾スズキ 見る機会がなかったわけじゃないのになぜか素通りしていた松尾スズキさんの作品。大阪での公演がなかったんですよね、これ。でもキャストがあまりにも豪華なのと、非常に評判がよかったのとで…