「星の忍者」  新感線

代表作(ということらしい、一応)の再演。なんと客演が長野里美さんにかのデーモン小暮閣下という豪華どころ。いやあ前々から芸風合うとは思っていたけれどもね。閣下が出ている以上当然といえば当然かもしれんが、これなんかやたらと歌が強調されていてねええ。もちろん、閣下は歌が上手かったです。上手すぎて耳が痛くなるほど上手かったんだけど、なーんか何歌ってるかわかんないうちに話が進んでしまってねえ。まあ話自体は単純だからそれでもいいといえばいいんだけど。あと主役の聖子さんにいまいち魅力がなかったのも残念。古田さんもいまいち見せ場が・・・という感じだし長野さんも魅力出しきってなかったような気がするし。唯一良かったのは右近さんと布団背負って出てきた人かなあ。笑いも爆発力に欠けた気がするし、おまけに何と言ってもこの桜橋サンケイホールが見にくいこと!!劇場が悪いと全て台無しって感じでしたよ、実際。

結構ひどいこと書いてるねえ。この時は新感線いまいち好きになれなかったんだよね。ちなみに布団背負って出てきた人、っていうのは逆木さんです。