宝塚月組「カンパニー/BADDY-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」千秋楽ライブビューイング

最初にお断りしておくと、私は芝居は観るけれど宝塚にちと縁遠い(観たことがないわけではないけれど全然詳しくない)という状態、全然詳しくないどころかいわゆる「ミリしら」な状態でして、それでなんでこのライビュに足を運ぼうかと思ったかというと友人の書いたこのレビューを読んだからです。
d.hatena.ne.jp
すごい。ツイートした時も書いたけどこんなにシアターゴアーを「行きたい気にさせる」レビューってあるでしょうか。千秋楽ライビュのチケットまだ売ってます!というのもその友人から教えていただいたのでした。というわけでミリしら状態のまんまライビュにお邪魔した感想のメモ書きでございます!

  • 「カンパニー」。白鳥の湖でスタートしたのでバレエものなのねと思ってるといきなり通勤電車風景になるという急展開
  • スーツにリュックってスタイルというサラリーマンあるある…!リアリティ!
  • 企業後援のスポーツ選手の突然の妊娠出産、企業後援のバレエ団の窮状、CM起用タレントとのあれやこれや…り、リアリティ…カンパニー(会社)というタイトル文字通りやった…すごい宝塚こんなリアルリーマンものもやるのか…という驚き
  • バレエ団の公演での企業窓口みたいな立場に追いやられる主人公。読めた!これはなんか人手不足で急遽彼がバレエの猛特訓をしてステージにという展開に…ならねーー!!!ならなかった!!!さすが舞台畑の筋書でそんなご都合展開許すわけなくてよ的な!
  • それにしても出てくる人出てくる人みんな…ひざ下…なが…ながすぎる!本当に脚が長い人って膝下が長いよね(私調べ)。途中でCMに起用されているタレントが歌い踊るみたいな場面があるんだけど全員そろいもそろって膝下長い。ってどこを見ているんだお前は
  • よくある展開っぽいのに(電車で助けてくれた人を好きになるみたいなテンプレあるし)、ところどころ「そうくるー!?」みたいなところがあるのが面白かったです
  • 「新解釈白鳥の湖」に「わかるわかるマシュー・ボーンスワンレイク的なことでしょ」と思ってしまって申し訳なかった
  • 言って見ればバクステものでもあるので、初日の成功で終わるかと思いきや千秋楽前の無謀なチャレンジと残り1幕の代役みたいなところにもってくるのもすげえと思いました
  • あそこでもう1回「まさか主人公がこれでステージに!?」と一瞬思ったけど(だってバレエのレッスンしてたし)、微塵もそんな展開にならないので本当清々しい
  • 「BUDDY」。「わるいこと」がなーんにもない滅菌消毒された世界に悪党がやってくる、って筋書がまずめちゃくちゃうまいなと思いました。いかようなサブテキストもそこから読み取ろうと思えば取れる、でもそれを読み取らなくても世界観として成立しているっていう
  • グッディめっちゃかわいいな…と思いつつその名前マグニフィセント7のイーサン・ホーク思い出すやつー!ってなっててごめん
  • バッディの登場シーン、これ絶対好きなやつですやん!音がしそうなほどキメたトップスターがグラサンにくわえタバコ…拝む…
  • しかも!これバッディ一味全員がくわえタバコで踊りまくるっていう、このご時世にこんなものを見せていただいてーー!!!ありがとうございますーー!!とくわえタバコが死ぬほど好きな私は悶えました。悶えました。くわえタバコで踊るの、なにがいいって、踊る時ちょっと噛むような感じになるじゃないですかタバコを。そうすると口もとがじゃっかん開くじゃないですか。それ!それが!!
  • エロい!!!(フォント大きくしてまで言いたかったのかい)
  • おまけにシガーキスまでやってくれるとは…マジの尊い案件…
  • あと登場したときから思ってたんですけどリアルマライヒみたいな人がいますよね。みたいなっていうか、あれマライヒでしょ!?そうなんでしょ!?と言いたくなるぐらい、男なのに女性的、いや中性的というかいやでも中性的っていうよりもなんかもっと違うアレ!
  • たぶん二番手の方なんじゃないかと思うます(そんなことも 知らないで すいません)
  • バッディとグッディの駆け引きめいたやりとりよかったな~
  • グッディが自分の中の怒りに目覚めてその感情のほとばしりに生きてることを実感するあのロケット、グッディが最初の振り返ったときの目つきでもう満点出るやつや
  • しかも最後のふたり、知ってる!これ刑事と犯罪者、追う者と追われる者の間に何かが生まれるやつ!うすいほんでみたことある!おれはくわしいんだ!
  • 最後に皆さんが羽根背負って出てくるときに持ってるシャンシャンがなんか、白いもけもけしたやつがついてる?と思ったらタバコを模してたっていうのがわかって思わず心の中で大拍手しました。すごい。かっこいい。
  • しかも最後もトップの方あの羽根にかつグラサンでキメてくださっててひや~~~ありがたや~~~~ってまたもやなった私だ。あのティアドロップ型のサングラスってほんと人によっては大事故になるけどいやはやさすがに最高にお似合いでしたね!

最後の挨拶のときに「いろんなご意見をちょうだいした」みたいなこと仰ってたし、激しく深く愛される作品は同じぐらい反発も生むよなあ~とも思ったりしたけど、最初にも書いたように「どうとでも取れる」という余地をきっちり残して観客に託している姿勢がすごいし、すてきだなと思いました。演劇が提示できるのは回答ではなく疑問だけ、と野田秀樹さんがつい先日仰ってましたっけ!

インフィニティウォーいろいろメモ

f:id:peat:20180505233807j:plain
ふり返ったらシビルウォーのときも似たようなことやってて人間全然成長しない。だっていろいろ書いておきたいじゃない!ということで以下ネタバレしかないからね!マジで一行目から鋭くネタバレてるので気を付けてくだぱい!

続きを読む

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

f:id:peat:20180513161752j:plain
クレイグ・ガレスピー監督。ナンシー・ケリガン殴打事件の…という枕詞で語られるようになってしまったフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングを描いた映画です。主演がマーゴット・ロビー、「ザ・ホワイトハウス」のCJクレッグ役でお馴染みアリソン・ジャニーがトーニャの母親役を演じてアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。MCUでバッキーを演じているセバスチャン・スタンがトーニャの夫役で出ているよ!

なんだかねえ、いろいろ考えさせられるところがありました。貧困とか、教育とか、それこそ親の存在とか、負のループ…ってことももちろんそうなんだけど、それよりも「あの事件」を消費していた自分や世間のことをどうしても考えてしまったというか。

本当に、誰か一人でも「まとも」な大人があそこにいれば、結果はこうはならなかったのではないか、と思うほど、登場人物(勿論トーニャも含めて)の「いや、なんでそうなる!?」というダメな決断の連鎖が続くので正直キツい(特にショーンの存在がつらい。いやもうマジでぐーで殴りたい)。母親からの強烈な搾取、夫との共依存、暴力。もちろん事件の真実とこの映画を同一視することは危険なので、映画のキャラの立て方がそれだけ見事ってことなのかもしれないですけども。しかしエンディングに実際の人物の映像が流されますが、みんな似てたな…。

この事件とトーニャ・ハーディングでの五輪を巡る騒動は(当時まだ熱心にフィギュアスケートの放送を見ていたこともあって)個人的にもかなり鮮明に覚えています。文字通り過熱した報道とあの一種異様な空気。トーニャが靴紐が切れたことを訴える場面の映像。あのリンクに向かう前のメイクルームでのマーゴット・ロビーの演技、すさまじい。あの笑顔。あのひりつき。でもって、私は当時「あの事件」を消費した視聴者のひとりだったんだってことを嫌でも考えないではいられない。一体彼女はどんな顔をしてでてくるのか?そういう視線を持った視聴者のひとりであったことを。

スポーツに限らず、どんな芸能・芸術も私たちは消費する側にあって、だけどアマチュアスポーツにあっては、積み上げてきた時間と比べて消費される時間の割合が極端に短い。トーニャが「理想的なアメリカ人家族」ではないことを告げる審査員の視線の裏には「消費する世間」の目があったのだ。そういう世界に飛び込んで、あがいて、求めたはずの称賛が指の間からこぼれていった女性のドラマとして、なんというか胸に重いものが残る一本でした。

「百年の秘密」ナイロン100℃

2012年初演、6年ぶり待望の再演です。初演も拝見しておりますが、あまりの筆力にケラさん最近の作品筆力ありすぎて心配になる!と言っていた記憶。メインキャストもほぼそのまま続投。濃密な、隙のない、演劇の愉悦、醍醐味が詰まった時間でした。

ケラさんは初演の時に「女性の友情物語」を書きたいわけではないというようなことを仰っていたと記憶していますが、確かに「友情」という言葉でくくるのは相当ではないかもしれないけれど、なんというかこれぞ「おんなふたり」の物語だなあと思いますし、女同士の友情は時にもろいかもしれないが、時に信じられないぐらい強靭であるということを見せてくれる芝居であるとも思いました。友情、というか、関係、というか。そのあたり、ケラさんは女性を描くのがうまいと昔から言われていますけども、その二人の関係を描くときに「秘密」を中心にもってきているのが本当にすごい。唸らされます。

タイトル通り100年のスパンの時間を行き来するので、場面によっては誰よりも観客が「このあとに起こることを知っている」という視線で登場人物を見ることになるわけだけど、それでもこちらに居心地の悪さを感じさせない、いらいらさせない作劇なんですよね。そしてどの場面も会話が本当に濃密!これがやっぱり長尺を感じさせない秘訣なのかなあ。相当な公演時間なんだけど、それでも一瞬たりとも「長い」と思わない。さりげない会話のようでいて、めちゃくちゃ練られている。

大きな楡の木を中心に据えたセット、それが居間にも庭にも無理なく展開できるのはさすが演劇の見せ方の妙という感じ。あのプロジェクションマッピングを使った見せ方、オープニングがすばらしいのはもう言うまでもないですね。演劇における映像の使い方、もう10年以上前からナイロンが10馬身ぐらいリードしてるって言い続けてますけど、もはやその距離が縮まる気配がない。

犬山さんのティルダとリエさんのコナがすばらしいのはもちろん(演じる役の幅だけでなく、その時その時の場面をこのふたりががっちり支えている)、再演見て思い出した、そうだったわたしこの芝居の大倉さんが演じたエース大好きだったんだ…っていうね!自分だけが気にかけられることへのいたたまれなさに押しつぶされそうになってる長男…良い。良さしかない。あと鬼のようにスタイルがいい。長田さんの声の良さが活きる語り部ポジションのメアリーも大好きです。いやもうね、全員良い!ほんとうに何気なく全員が凄いことをやっている、それを客にすごいと感じさせないほど何気なくやってるっていう感じ。いやはやほんと芝居の醍醐味ってこういうことかと思いますよ。

百年のスパンでの、ある1日、ある時間を切り取ってみせつつ、けれどそれだけが彼女らの人生だったわけではない、というところ、ほんとうにぐっときます。コナにとってティルダは一種の魔法使いであったろうし、それはその逆もしかりで、その魔法が解けたことがあったとしても、それですべてがなくなるわけではない。「はじまり」に戻るラストショットの鮮烈さ!いやはや、再演なので、良い芝居を観られるとわかって出かけて、見ながら本当に面白いな!と堪能して、見終わった瞬間にやっぱり最高に面白かった!とため息をつくような経験て、なかなかできるものではない。よい時間を過ごさせていただきました。

「レディ・プレイヤー1」

f:id:peat:20180513160940j:plain
スティーブン・スピルバーグ監督。タイトル、「READY  PLAYER ONE」という字面で見る方が多分納得感高い。ゲーム世界へのログインの合図というか。どうしようもないスラム化した現実社会の中、あるカリスマプログラマーが作り上げた仮想現実世界「OASIS」を巡ってひとつのゲームが仕掛けられる。

このOASISを作り上げた天才プログラマーが80年代ポップカルチャーヲタクであり、ゲームのそこかしこにポップカルチャーからの引用が仕込まれているという設定なので、私たち(私は1971年生まれ)の世代が触れたあんなものこんなものがこれでもかー!!!とばかりに大盤振る舞いされるっていう。かつ、物語のおおきな展開がOASISと現実世界双方で展開していくので、見ているうちに今自分はどっちの世界に軸足を置いてるのか?が混然一体となってくるのも面白い体験でした。最初にこの世界線の説明がナレーションでなされて、すでにゲームは開始されてるっていうのもすっきり物語の中にはいっていけて良かった。

私はゲームをまったくやらないので、ゲーム界隈の引用はまったくついていけてないし、物語の構造そのものがゲーム世界を模しているので、自分も自分なりのアバターを選んであの世界に飛び込みたい!みたいな欲求はないんですけど(逆にいえばあの時代にすくなからずゲームにはまった人はがっつりもってかれるんじゃないかと思う)、それでも物語世界の設定の巧みさ、ここぞ!というところで活きる伏線のうまさ(ボーナスライフ…!)、そしてジャパニーズ・ポップカルチャーを多少なりともかじったことのある人間なら胸熱にならずにはいられない!というキャラクターの登場に相当ブチ上がりました。いやもうね、誰がクライマックスにメカゴジラガンダムの対決がくるとか予想するよっていう。「俺はガンダムで行く!」はマジの名セリフ。あのガンダムのショット、ZZからの引用なんですってよ!かっこいいからRX-78にもさせたかったていう!最高か!!冒頭のレースシーンだけでもかなりのワクワク感ですよ、だってデロリアンだよ!?しかもそれがAKIRAの金田バイクとレースを争うとかさー!あと、シャイニングを見ておいてよかったとこんなに思った映画はないかもしれない(笑)。

しかも、この天才プログラマーにまつわる物語で、まだ名もなき時代に一緒に夢を語り合った友人と袂を分かってしまう、というのが通底してあって、最後の最後までそれが効いてくる展開、うますぎた。「あなたがばらのつぼみだ」って、そりゃペグちゃんはねー!確かにばらのつぼみー!ってなるし(ペグちゃん贔屓)、それこそウォズとジョブスみたいなこともどうしても連想しちゃうじゃないですか!か!

ほんとにあんなキャラこんなキャラが輻輳して、これ権利関係どないなってるんや…って心配になるぐらいだけど、さすがスピルバーグ御大って感じなのかなそこは。最終的なオチについてはいやもうちょっとなんか!と思わないでもないけど、それ以上にエモーショナルになれる場面がたくさんあって楽しかったです。私と同年代の御仁はぜったい見て損しないやつ!

「君の名前で僕を呼んで」

f:id:peat:20180506131431j:plain
ルカ・グァダニーノ監督。アーミー・ハマーさんご出演ということでサンダンス映画祭でプレミアが行われた頃から気にしておりましたが、ティモシー・シャラメくんが賞レースを席巻したりして話題となり無事日本公開の運びに。よかったよかった。ジェームズ・アイヴォリーが脚色賞でオスカーも獲りましたね。

自分でも思いのほかというかとあるシーンでどうしようもなく泣けて泣けて、自分でもびっくりしました。教養ある両親に育てられた少年(少年と青年の端境というべきか)エリオは、父親が招待した博士課程に在籍中の学生オリヴァーと出会う。6週間の滞在期間の間に起こるふたりの感情のゆれ、ときめき、おそれ、そういったものを北イタリアの美しい風景が取り囲む。果樹園、秘密の泉、桃…主演のふたりのビジュアル力は勿論、画面の隅々まで美しいもので構成されている映画です。いやほんとにどこを切り取っても美しい。

小径の影でオリヴァーの姿をずっと探してしまうエリオとか、壁一枚向こうの相手の気配に耳をそばだてるところとか、ずっと腕時計を見てしまうあのなんともいえない、手垢がついた表現ではあるけれど「初恋のときめき」としかいいようのないいじらしさとせつなさもすごく胸に響きましたが、個人的にはこの映画でもっとも胸打たれたのは、オリヴァーが去ったあとの父と子の対話の場面です。マイケル・スタールバーグほんっとにすばらしい。少年から青年に変化する挟間での、どうしようもなく焦がれてしまう思い。若いがゆえにコントロールが効かず、でも若いがゆえにおそれてもいる。誰でもおぼえがあるだろうけれど、あの青春期の情熱には常にこれがほんものの気持ちなのかどうかというおそれがつきまとっていて、だからこそ飛べないものもおり、だからこそ目をつぶって飛んでしまうものもいるんだと思う。

心は衰える、と父親はエリオに語る。お前がオリヴァーとの出会いを持てたのは幸運だった、と。それは二度と戻ってこない情熱であること、そして自分はその情熱を叶えることはできなかった、何かがそれを阻んだと。もちろん、誰しもがあの青春期の熱情を共有できるものではなく、できなかったからこそそのあとの人生を豊かにすることだってあるでしょうが、しかし、その熱情があの青春の一瞬でなければ得られないのもまた真実なんだと思う。そのことを静かにエリオに語り掛けるシーンでどうしようもなく涙がこぼれました。エリオにとって、喪失を悲劇にせず、ただ喪失として受け止めること、自分の身におきたことをきちんと言語化できるメンター(父)がいること、それは「父にばれたら矯正施設に入れられる」とオリヴァーが語るような時代において、なんて貴重なことだろうかと思った。

アミハマさんの足が長すぎてあんな自転車の乗り方降り方初めて見た…とかティモシーくんのまつげ…まじ…とか、あと桃のシーンはさすがにエロすぎてひいいええええええってなった。いやもうたぶん赤面してたなわし…。ダンスのシーンはアミハマさんが無音で踊らされてもうやだー!ってなったエピソードを思い出してふふっと笑ってしまいましたごめんねアミハマさん。きみの名前で僕を呼んで、原題(CALL ME BY YOUR NAME)そのままですが、このシーンもよかったね。愛しさをこめて自分の名で相手を呼ぶこと、たぶん一気に自分と相手の距離を縮めてしまうような気がする。だからこそあの最後の電話のシーンでそれを繰り返すエリオが切ないんだけどさ!あのエンドクレジットのなかでずっと暖炉を見つめるエリオ、穂村さんの短歌をちょっと思い出したりして。

呼吸する色の不思議を見ていたら「火よ」とあなたは教えてくれる

恋のせつなさと同時に喪失の美しさも掬い取った美しい映画でした。堪能。

「自己紹介読本」城山羊の会

城山羊の会を観るのは2回目かな?前回観たときは、面白かったんですけどすごいツボだ!という感じでもなく、いつも公演期間と上京時期のタイミングも合わずでそれ以来機会がなかったんですけど、今回GW時期に初の関西公演!ということで足を運んできました。

いやー面白かったです!なんか、楽しみ方のコツがわかった!という感じ。たぶん前回観たときはその先に起こることを考えすぎて目の前の会話の妙に集中できてなかったんだろうなという気がしました。「自己紹介しちゃっていいですか?」というありそうでない話の発端が、別の登場人物が出てきて繰り返されるところ、「その文脈」で成立していた会話が違う場面で切り取られることによって意味合いが違ってくるおかしさ(あたし、男が好きだから…)、言葉の上での絶妙なすれ違い(ほんと、同じ場所の南で待つか北で待つかみたいな)が実にさりげなく、でも気がつけば「そんな話だったか…?」ってなるほど遠くにいってしまっているさまが絶妙でした。客席もかなり沸いていた感じがします。

どこかうさん臭さのある紳士然とした男性の妻として紹介される和恵の、佇まいと口調から「長年内縁の妻的立場だったけどこのたびめでたく本妻の座をゲットしました」感がにじみ出るキャラの立て方が絶妙で、あの「先生」を「センセ」と呼んじゃうあれね!いるいる!って思いながら見てました。カワガリにスマホで見せる写真がなんなのか存分に想像できるっていうね!多目的トイレの使い方も、その多目的じゃねえ~~~~!!!と心の中でツッコミつつ、うまい!座布団1枚!と感嘆しつつ。品とエロが混ざり合ってなんともいえな味わいが最後残りますよね。ほんと面白かったです。関西方面の公演今後ともご検討よろしくお願いします!