「ターミネーター:ニュー・フェイト」

f:id:peat:20191117181205j:plain
全世界で大ヒットした「ターミネーター2」の「正統な」続編!あのジェームズ・キャメロンが製作に復帰!サラ・コナーも戻ってくる!とこれ以上ないほど鳴り物を鳴らしてやってきたターミネーターの新作です。監督はティム・ミラー

むちゃくちゃよかったなー!というところと、いやそこはちょっと飲み込めねえっす!ってところが両方あって鑑賞後の気持ちがなかなか複雑でした。最高だったのは言うまでもなくマッケンジー・デイヴィス演じるグレースのキャラの立ちようと見事なアクション、そしてダニーとグレースの連帯だし、そこにサラが絡んできて、自立した、自分のことは自分で決める、という意思のある(そして世代の異なる)3人の女性が物語を牽引していくとこ。

しかしながら物語全体の流れとしては残念ながら私の求める美しさに欠けるというか…「こういう展開にしたいためにストーリーをこの方向にねじまげる」というところがあっていやー、どうなんスかね…という気持ちも否めず。冒頭でのジョン・コナーのあれにはそれほどショックは受けてないんですけど、ミッションを果たした後のT-800の顛末にかなりげっそりしてしまった。夫の暴力を受けて行く当てのない母子と暮らし人間としての気持ちに目覚めた(っていうのを台詞で言っちゃう)って、いやお前はマグニートーか!?女が足手まといになるとわかってて窮地に乗り込みことさらピンチを創り出すマッチポンプに飽き飽きしているのと同じくらい、男が守るべきものに出会って人生をやり直すパターン(その守るべきものの無垢さも含めて)も「もう それ 見た」感が強すぎる。それにさー、T2でのもっとも美しい描写といっていい、あの「人間がなぜ泣くのかわかった おれには涙を流せないが」っていう、あの叙情を、台詞で説明すんのかい!みたいながっかりさがありますよ。

あとこれは難しいとこなんだけど、シュワルツェネッガー演じるT-800とリンダ・ハミルトンのサラ・コナーの登場シーンがそれぞれ予告で出てしまっていて、いやでも出てるからこそ客も観に行きたいと思うわけなので、出さないわけにいかないし、でも本編見ながら「このあと出るんだな」ってわかっちゃってるのは残念でもあるし…いやこれはホント難しいよね…。

追ってくるRev-9を除けば、いや含めても劇中もっともバイオレンスなのがサラで、これだけ強い意思の「絶対殺すマン」を体現してくれてるの本当に最高でしたね。グレースほんっとにかっこよかった。登場して3秒で「マッケンジー・デイヴィス夢女子理解」の旗が立ちました。サラとダニーの違いはさ、もう見てるほうはダニーに聖母マリアの位置づけをあてはめるってのはさすがにねえわ、と思ってるとこもあるし、あと劇中の目くばせ(グレースの反応とか)も多いので、サプライズというような感じはしなかったです。

あの決めセリフの「I’ll be back」をサラに言わせ、シュワちゃんに「I'll won't be back」と言わせるのとかすごくよかったんですけど、テレビで放送していたT2を改めて見たら、マジで隅から隅まで名作すぎるやんけ…ってなりましたし、ターミネーターのアイデアとしてあの液体金属のT-1000を超えるインパクトって28年経っても出てこないもんなんだな…ということにもしみじみしたりしました。

「永遠の門 ゴッホの見た未来」

f:id:peat:20181121004704j:plain
監督はジュリアン・シュナーベル、主演ウィレム・デフォー。デフォーはこの役でオスカーの主演男優賞候補にもなっています。映画のポスターにもなっていたと思うんですけど、あの有名なゴッホ肖像画のスタイルで撮られたショットがウッ…と思うくらいに似ていて、日本で公開されたら見たいな~と思っていました。

あのデッサン帖とか、ゴッホの死の真相については新説を採用した脚本になっていて、おお、なるほどと思う一方、銃の誤射だけならともかく(そして銃を捨てるとこまではともかく)絵を埋めるってところも含めてけっこう強引な書きぶりだなという違和感も残る感じ。デッサン帖の方はまあ夢があるというか、そうだったかもしれないと思わせるし、エンタメとしても納得のいく描写だったなと。

昔、ゴッホ(とゴーギャンとスーラ)を題材にした芝居で、彼(ゴッホ)には世界がこう見えているんだ、って台詞があって、それがすごく印象に残ってるんですけど、まさに「そう見えている」世界をゴッホの視点から描いてましたよね。極端に狭い視界、焦点が合わず周囲と混ざり合う世界…。

しかし残念なことにというか、開始10分ぐらいで「これはひょっとして…ヤバいのでは」という予感はひしひしとしていたんですけど、この揺れるカメラにかなりやられてしまいまして、ゴーギャンから別れを告げられる場面でそれが頂点に達し、あの繰り返し脳内に響く台詞の相乗効果もあって「あっダメだ…ちょっと目を閉じさせて」となってしまったことを告白いたします。自分が揺れる4DXとかは大丈夫なんだけどね…この手持ちカメラの揺れみたいなやつには弱い私…。

実際のゴッホはもっと若くして亡くなったので、デフォーの年齢からするとどうしても達観めいたところが出てしまう(マッツ演じる神父との対話とか)のはあるけど、それを差し引いてあまりある、芸術に生きることの切実さがデフォーからあふれ出てて素晴らしかったです。テオとのシーンぜんぶよかったな…。あとゴーギャンをやっていたのがオスカー・アイザックでむちゃくちゃハマってました。オスカー・アイザックに行くなとすがるデフォーなんて、そんなもん最高に決まってますよね!

「平成中村座小倉城公演 夜の部」

小笠原騒動。初見です!以前平成中村座でもかかってますけど見てなかった(なんで見てなかったんだろ?)今回は岡田良助と犬神兵部の二役を勘九郎さん、お大の方とおかのを七之助さん、小笠原隼人と奴菊平を獅童さんという配役。小笠原騒動はご当地、小倉藩のお話ということもあって今回の演目に選ばれたそう。

いやー面白かったです!平成中村座の楽しさのひとつである「今まで見たことない景色を見せてくれる」という点でかなり満足度の高い観劇になりました。これ三幕だけがかなり独立したお話つーか場面になるので、二役の割り振り方がいろんなパターンできたりするんですね。

いやもうなにがって、飢えたオタクの前に御馳走が並ぶとでもいいましょうか、あんな勘九郎さんこんな勘九郎さんが手を変え品を変え出てくるんだからもう、目が皿(日本語は正しく使え)。お早に親切にしてみせる岡田良助もいいし、そこからきろっと目の色を変えて女をなぶり殺しにするのもいいし、家族の惨状を目の当たりにして心中期するところをみせるさまもいいし、立ち回りはあるし、立ち回りはあるし、むしろ回るし(水車で)、さらに大詰めは大悪人犬神兵部の大立ち回り…っていやもう、空腹時にこんなに一気に食べたらお腹こわすって言われるかもしれないけど食べずにいられない。ハアハア。

座席も座席だったので、もうなにがどうあっても勘九郎さんをガン見するんだい!という強い意思で臨み、いいだけガン見しました。ほんと驚くんだけどさ…あのひとマジで世界一かっこいいんですよ、知ってた?知ってたかーそっかーーわたしも知ってた!みたいなひとりごと何度も胸中で繰り返す羽目になりましたよ。

大詰めの立ち回り、アイデアに満ちた「ワンダー」がぎゅうぎゅうにつまっていて、また盛り上げ上手の九州のお客さんに乗せられて、最後の高揚感がマジですごい。客席を隅から隅まで盛り上げてくれる。これほんと中村座の強みですよね、こうして「そこを劇場にしてしまう」っていうのは。こういう公演でなければ足を運べない、運ばない客層っていうのは絶対あって、そこをもらいにいきますっていうその精神や良しだよ。

あと印象に残ったのが小平次をやった橋之助さんとお早の虎之介さん。ことに橋之助さんは「えっ!?いきなりどうした!?」ってぐらい顔が変わった感じがある。変わったというか、顔がきまったというか、子どもの顔じゃなくなった。やっぱ襲名とか大きな仕事のあとっていうのもあるのかなあ。いやーよかったです。虎ちゃんのお早もはまり役。鶴松さんは小萩と林和馬の二役で、立ち役と女方両方楽しめたし、やっぱりふとしたときの芝居勘がほんっと、いいよね…!

小倉ならではの鳴り物の演出があったり、ご当地方言での小芝居があったりしたのも面白かった。七之助さん、お大の方のシリアスみは維持しつつもちゃんと笑いを拾ってみせるのがさすがすぎた。七之助さんのお大の方、めっちゃいい。あの養父を縊り殺すところ写真がほしい。真逆の耐える女おかのもたっぷり楽しめるし、ほんと全方位で満足度高かったなー。

大河ドラマでお休みされる前(いやもっと前か…)から、勘九郎さんの声がいまいち本調子じゃないように思えて、それがずーっと気になってたんですけど、今回の公演で何が嬉しいってやっと「そうそうこの声!」っていう声に戻ってきたんですよねー。わたしにとって役者は声と立ち姿で、勘九郎さんは立ち姿はもう満点突き抜けてるから、ほんと声だけが気がかりだったんですけど、それが解消されたのは個人的にすごく大きい。長いお休みもしてみるもんだなと思ったりしましたね。

カーテンコール2回?3回かな?あって、勘九郎さんがご挨拶されたんだけど、小笠原騒動はご当地小倉のお芝居でこうしてこの小倉の地で上演出来るのも一生に一度、一期一会だと思うので、その証人になってくださってありがとうございます、って仰ってました。あと昼の部も楽しい演目が揃ってるのでぜひ…と言いたいところなんですが、もうチケットないそうです!(しょうじき!)後ろからもちょっと見られるのでご近所の方はどうですか、とあけすけなことも言っておられました。でもこうして満員御礼なるの、ありがたいですね。九州のお客さんの、それこそ「待ってました」感がより芝居をおおきくたのしくしてくれていたような気がします。心の底から大満足!

「平成中村座小倉城公演 昼の部」

神霊矢口渡。七之助さんのお舟は初役ですかね。登場の時の第一声がなぜか声がカッスカスでびっくりしました。七之助さん喉強い印象だったから。でも後半ぜんぜん問題なく出てたので単に朝イチで調子がでなかっただけかな~。ぎゅんぎゅんに恋する乙女から、髪を振り乱して好いた男を逃そうと太鼓を打ち鳴らす熱情の芝居まで堪能できてよかったです。これ以前にもこの演目見た時も思ったんですけど、ラストでセットが回転して奥行きのある見せ方になるのがいいですよね。

お祭り。「待っていたとはありがてえ」のあれでございます。いやもっとゴリッゴリに踊ってくれる演目でもよくってよ!?と思ったりもしましたが、中村座九州初上陸ってことでの「待ってました」もあるんでしょうね。しかし、席が席だったので、いやーもう短い間とはいえゴンゴン目線が飛んでくるわ、あの美しい手さばきを目の前で拝めるわで短くてよかった長かったら命がないのでは…と思うほどでしたし、見れば見るほど好き…という感情しか沸いてこなくて自分でも笑いました。あの足の伸び!ハー!美しすぎて寿命も延びるってなもんです。最後は後ろが開いて、小倉城天守閣を借景にするという贅沢さ。満足。

封印切。封印切の感想書くたびに「この芝居あんま好きじゃない」って書いてて申し訳ないんですけど、やっぱどうしても苦手なのよね~(でもよくかかるのよね~)。今回は忠兵衛を獅童さん、八右衛門を勘九郎さん、梅川を七之助さん。いわゆる「つっころばし」の加減の難しさを痛感したというか、だめなところがあっても憎み切れない男のかわいらしさ、みたいなものを匂わさずにしっかり出そうとするとオーバーアクト気味になっちゃうんですよね(かわいさを見せようとしすぎるっつーか)。あとこれ勘九郎さんも獅童さんもこういう役柄のときの芝居がわりと直線的なんですよ。強い。だから双方の芝居の相性は合ってるんだけど、封印切のあのねぶるようなやりとりとして見ると固い感じになるつーか。とはいえ勘九郎さん、むちゃくちゃ嬉々として八右衛門やってらっさいましたけどね。悪いお顔を堪能出来て、ファンとしても楽しかったですけどね。とはいえ個人的には「お前は金のないのが因果、おれは金のあるのが因果」の台詞はもっとズバッといってほしかった感がありました。

「渦が森団地の眠れない子たち」

藤原竜也鈴木亮平が小学生を演じる!っていう惹句が話題となりましたが、それ自体は演劇の世界ではさほど珍しいことではないと思うんですけど、たとえば三谷さんが同様に「大人が小学生を演じる」世界を描いた「子供の事情」では、あくまでも「子どもたちの世界」における彼らのふるまいを大人化していたのに対して、蓬莱さんの今作では「大人の世界」でもがく子どもたちを描いているという感じ。もちろん、わざと子供らしい芝居をさせるとか、そういう安っぽさとは無縁なんですけど、逆にだからこそ相当えぐられる場面がある。

佐山鉄志と田口圭一郎、ふたりの関係性は一幕終盤でかなり深刻な「いじめ」の世界に発展しますし、鉄志の家庭環境の問題点は描かれるにせよ、そこに至るまでの「邪知暴虐」ぶりもなかなかのものなので、そこはかなり観ていてキツいものがありました。で、これは二幕でどういう展開にもっていくのかな…と思いながら見ていたんですけど、その着地点がまあ、さすが蓬莱さんというか、一筋縄ではいかないなというか、これはある意味かの名作映画「スタンド・バイ・ミー」でもあるなと思ったわけです。しかし、一幕のえぐみがかなりきついので、それがあのラストをスパッと飲み込ませるのにちょっと邪魔しているきらいもなきにしもあらずでした。

とはいえ、あの「俺がお前の弱さを握っていてやる」という台詞は、もうこの一言が書けたらそれだけで脚本としてオッケーだよね、とでもいうべき強烈なパンチラインなので、さすが蓬莱さんといったところだ。あのセリフはすごい。おれがおまえを見ていてやる、というのは呪いのようでもあるけど、あの場にあっては救い以外のなにものでもないのだ。あの場面を見られたというだけでも見に来た甲斐のある一本だった。

竜也くん、前半の傍若無人ぶりもすごいが(楽しそうに見えるのがまたえぐい)、なによりすごいのが後半のなりふりかまわなくなってからの慟哭と、あのラストのやりとりだ。こんなくだらないものにこんなもの描くな、とあのノートを突きつける鉄志、よかった。このひとのエモーショナルさは得難い。大きな声を出せば、感情的になれば、だれでもがあんなふうにエモーショナルな芝居ができるわけではないんですよね。鈴木亮平さんのどこか「闇」を見てしまう抑えめの芝居といいバランスで、ふたりのやりとりは全編見ごたえがありました。

「『Q』:A Night At The Kabuki」NODA MAP

野田地図第23回公演は、なんとあのQUEENの名盤「オペラ座の夜」の世界観を演劇に落とし込む、しかもQUEEN直々のオファーで!という想像の斜め上どころか垂直飛びくらいな展開をふまえての作品となりました。それも映画「ボヘミアン・ラプソディ」の公開前からの打診だったつーからやっぱ野田さんなんか…呼んじゃう人ですよね。物語の下敷きにあるのはロミオとジュリエット、の、それから。

それからのロミオとジュリエット、と言いつつも勿論それだけに終わるわけではなくて、むしろ外枠には歌舞伎の俊寛、縦糸にロミジュリ、横糸にももちろん仕掛けがあるという感じ。とはいえ、登場人物の構図と大筋の展開はロミジュリに沿っているのでそれほど苦労せず物語の波に乗っていくことができるなーと思いました。

休憩挟んでの3時間で、野田さんにしてはかなりの長尺だし、もうちょっと刈り込めるのではと思うところもありましたが、まあそれはオペラ座の夜の楽曲の尺をたっぷりとる、みたいなところもあるからかなと思うし、あと当たり前ですけど曲がいいから個人的にぜーんぜん気にならない。演出としてはもっとサクサクいってもいい、と思うところでも、あの楽曲群の前ではもっと流してくださってもいいんですよ…みたいな気持ちになる。ずっと聴いてられる。そこは私の心理的に大きく違うところでした。

ただ惜しむらくはあんっなに超弩級にカッコイイ楽曲をふんだんに使用できるのに、曲の入りとかで舞台上の構図をバチッとあわせてキメる、みたいなところがなくて、残念ながら楽曲の方が強いまま、という感じになってたところかな。いや、というか野田さんは演出家としてもちろん天才ですけど(何度も言ってますが私「天才」って言葉を一人にしか使えないって言われたら野田さんに使います)、唯一演出家としての弱みがあるとしたら音楽の部分じゃないかなって気がするんですよ。既存の曲をいかにインパクト強く、カッコよく、ハッタリかましてみせるかみたいなのはむしろ野田さん以外の80年代小劇場得意技(まあ、つかさんの影響だよね)って感じだし、野田さんがそういうことはやんない、っていうのもよくわかってるんですけど!でも!でも惜しい!せっかくのクイーンなのに!みたいな気持ちになるのもむべなるかな。クイーンの曲を知らなくても、今!今のシーンの曲かっこいい!そういう演出も見たかった。せっかくのクイーンなんだからさ!(しつこい)

ここから後半部分のかなり核心的なネタバレなのでこれから観る方はここで回れ右が吉だ!

しかし、私が観ててほとほとすげえな、と思ったのは、もはや誰でもが知るロミジュリのあのセリフ、ハムレットの「生きるべきか死ぬべきか」と並んでオリジナルを知らなくてもその台詞は知っているという代表格、「なぜあなたはロミオなの、あなたの名前をお捨てになって」。このひとつの台詞からあのクライマックスに至る物語を紡ぎ出してしまうその発想力におそれおののきました。名を捨てる、から「名もなき者」に、「無名戦士」に繋げてゆくって、いやもうすごい。こういう展開を、この発想を好むかそうでないかはそれぞれあるにしても、これが「野田さんにしか書けない」ものだっていうのはもう間違いない。

私は「手紙」というモチーフがめちゃくちゃツボ、ツボというか、もはやこれは性癖では、というぐらい好きなので、そして「届かない手紙」というのが輪をかけてツボなので、二幕終盤の凡太郎とそれからの郎壬生のやりとりあたりからもう全部の台詞がスキ…!って感じでした。もちろん重い展開ではあるんだけど、「逆鱗」ほどにベッコベコにやられなかったのは、物語としてのロミジュリの強さに助けられているからって気がする。物語って偉大ですね。

上川さん、舞台で拝見するのすごく久しぶりな気がするけど、やっぱ水を得た魚だね。松たか子さんとのコンビ、ふたりともうまくて、でもひけらかすうまさじゃなくて、肩の力が抜けてて、このふたりが舞台にいると安心できる感じ。松さんは見るたびに「私がいちばん好きな女優はこのひとだ…」と私の目をハートにします。強い。広瀬すずさんと志尊淳くんのふたりは松&上川コンビのある種「馴れ馴れしさ」と真逆のフレッシュさがよかったなー。竹中直人さんもあの凡太郎として手紙を受け取るときの芝居の立たせ方がほんっときらきらしていて最高でした。あとさとしさんとはのぴゃ!二人が野田地図に一緒に出てるなんてぇ~~!!!と目をぐるぐるしてしまいそうになりますが、二人ともむたくたよかったね。はのぴゃの声やっぱりむちゃくちゃ訴求力あるし、さとしさんのあの有無をいわせぬ存在感、パワーで舞台を引っ張る男っぷりがたくさん見られて嬉しかったです。

楽曲と場面の関係性とかはもう1回見るのでそのときにもうちょっと気をつけて見てみたいなと思うところ。あとそうそう、ハカやってたね!?びっくりしたわ!

「最貧前線」

水戸芸術館の30周年記念事業で芸術館自らのプロデュース公演です。宮崎駿の原作から舞台を立ち上げるということで話題になりました。宮崎駿の原作そのものは5ページの短い短編らしいので、かなりの部分肉付けがなされているだろうなという気はしますが、いやはや、実に見事な舞台化でした。

物語は第二次世界大戦末期。小さな漁船が軍に徴用され、特設監視艇としての任務を行うことになります。その吉祥丸の乗組員たちと海軍の将校たち。軍のスーパーエリートと叩き上げの船乗りたち、当然意見は食い違う、でも海の上で叩き上げの船乗りほど頼りになるやつはいない。彼らの中にはだんだんと信頼関係が生まれてくる。しかし、その吉祥丸もとうとう南の海域へ、海の最前線へ向かうことになってしまうのだった。

民間人と軍人の衝突、軍隊の規律に逆らう船乗り、まだ14歳の少年、B29…そういった単語から予想される物語をどこかふわっととびこえて、常にユーモアを失わない脚本の筆致がとにかく素晴らしい。対立はあるけれど、決してどちらかを「過剰」に描くこともしない。北の海の嵐ではなすすべもなかった将校たちは、南の戦闘で漁師たちを救う。それぞれがそれぞれのやれることをやる。その連帯は私たちの目には美しくさえ見える。見えるからこそ、その目的が、大義というやつが、どれほど理不尽なものか、そして「どれほど役に立たないもの」に命を懸けさせられているかを身をもって思い知らされる。「大きな流れに飲み込まれてなにもできない」という台詞は、なにもこの時代に限ったことではないと考えさせられる。

原作未読なのでどこまでが肉付けされた物語か判然としない部分はあるにせよ、やっぱり宮崎駿という作家には、思想とか信条の色合いよりもエンタメの血が色濃く流れてるんだってことをこの舞台化で改めて実感した気がします。ほんと、戦争の理不尽さというものを活写しながらも、エンターテイメントとして強いんですよね、このホン。嵐の海の中に落ちた水兵を救い上げるまでの流れ、最後の「一矢報いる」展開なんて、いやこれツボじゃないなんて人おる?ってぐらい、見事ですよ(小道具の活かし方とかさ!)。戦争ものを描くときに「ヒロイックになりすぎる」ことをおそれる部分ってあるし、その感覚って大事だと思うけど、そこを絶妙に渡りきってエンタメの芯をきっちり通しているのが本当にすごい。

バッドエンド慣れした現代観客的には、最後にまたなんかあるんじゃ…とか最後まで危惧してしまったけど、「死」を安易に描かずにまとめ上げるのって、その逆よりたぶん難しいですよね。いやほんとよくできた脚本でした。

またこれ美術がすばらしかった!舞台に大きな船のセットがあってそれが3層になってるんだけど、秀逸なのがそのセットを半分に分けて見せることができるようにしていること。基本的に船の中で物語が進んでいくので、その限られた空間以外に役者は下りない。そこを補うのが映像で、足もとに水面の映像を映し続けているのが実に効果的だった。演出の一色隆司さん、どちらかといえば映像畑の印象が強い方ですけど、今回の映像処理はその強みが活きた感じある。3層に分かれたセットも、それぞれで見える世界が違って、通信室での砕けたやり取りもあの雰囲気ならではという感じがあって、よかった。

私はもともとこの作品を見に行こうとおもったのがキャストの顔ぶれの良さで、どーんと芯をとってくれるひとを中心に花もあり実もありといった面々をきっちり選んでる感があって惹かれたんですけど、期待に違わず!内野さんのうまさったら、まさにどんな球でも投げられる、どんな球でも打てる、万能かよ!ベンガルさんの洒脱さ、佐藤誓さんの肩の力の抜けた佇まいも大好き。風間くんの若き艇長、溝端くんの通信長もよかったなあ。きりっとかっこよく、だけど「ひと」があふれてくる役作り。それにしても溝端くんめっちゃいい声してんね。

ほんっと全方位で満足度が高い公演でした。足を運んでよかったと思わせる一本。これはぜひ再演も視野にいれていただきたい!