「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」


ストレンジ先生2作目!監督はサム・ライミ。公開前に監督インタビューで「けっこうちゃんとホラーに作ったから怖がられないかしんぱい」的なことを仰っていたので、ホラー苦手な私は若干ビビりながらの鑑賞でしたけど、結果「あっ、こういうのなら大丈夫!」と最後まで満喫させていただけましたよ。

私はディズニープラスのドラマシリーズも追ってはいるので、「ワンダ&ヴィジョン」も「What If…?」も視聴済みなんですが、「ワンダ&ヴィジョン」はまさにドラマエンドからそのままつながるという感じで、これドラマ追ってない人にはどうとらえられるんだろと若干不安にもなりつつ。とはいえ今回監督色の際立った作品にしたことが奏功して、一本の映画としてはMCUファンムービー的な色合い薄めではあったと思う。

ストレンジはマルチバースの世界で、守っていた少女の信頼を裏切りそのパワーを奪うことで「大義」を叶えようとするが、返り打ちにあって死亡する…という夢を見る。かつての恋人の結婚式に参列し、自分の中にある彼女への未練とうまく向きあうことのできないストレンジだが、そこに夢の中だったはずの少女と怪物が現れて…というのが物語の発端。

この結婚式でストレンジが言われる「自分でメスを握らないと気が済まない」という言葉は割とこの映画の大きな背骨で、すごくざっくりくくるとこれはストレンジがいかにそこから脱却するか、という話でもあるなあと思った。フェーズ4では「マルチバース」が大きなキー項目になり(これまではインフィニティストーンがキー項目だった)、ますますストレンジの役割が大きくなるけど、これを見越して(?)カンバーバッチをストレンジに選んだファイギはほんと見る目がありすぎる。

予告でも出ていたワンダとストレンジの会話から一気にワンダの計画が暴かれていくところ、そうきたか~~~ってなったし、今までの作品では常に「迷う」立ち位置に置かれ続けていた彼女が、ここにきてとうとう「迷わない」思いを手に入れて、ただその方向性はいろんなものを捻じ曲げてしまうものだったというのがなんともつらい。しかし、迷わないワンダはこんなにも敵なしなのか…!ともなったね。思えば最初に家族を奪われ弟と生きてきたのにその弟も奪われ、愛する人を世界のために手にかけ、やっと得た(と信じた)幸福も砂上の楼閣のように消える…って確かにこう並べるだけでもハードモードすぎる。闇落ちと安易に言いたくない気持ちにもなろうってもんです。

敵が強大かつ容赦がないので、そういう意味でも過去作に関係なくストーリーラインを楽しめた感ありますね。アクションのアイデアも豊富で、個人的にあの音符のところむちゃくちゃ好きだったし、ドリームウォークを「どの世界のストレンジにやらせるか?」ってなってから出てくるアイデアがまさに監督の真骨頂って感じだった。あのラストバトル、クライマックスを主演にあの恰好でやらせるの、これが監督カラーでなくてなんのかという感じ。憑りついてくる悪霊どもを従えてマントにしちゃうところとか、なんかむしょうに滾ってしまったじゃないか。

そうそう、イルミナティのシーンは「うおー!(雄叫び)」と「うわぁ…(ドン引き)」が交互に訪れるツートンカラーの縞模様の波という感じでした。キャプテンの名セリフが出て歓喜したし、チャールズが出たのもそりゃもちろんプロフェッサーー!!ってなったんだけど、あんな…あんな最期…ううう…いやまあそれだけワンダ最強だからしょうがないかもなんだけど…しかしその人を使っておいてその仕打ち…とか思っちゃう私…。

これまでの自分の人生はもちろん、世界の趨勢が決まる状況でも、「最後の決断」を自分がしてきたストレンジ。それはものすごい重圧でもあるけれど、裏返せば自分の運命を他者に委ねられない、ということでもあった。けれどあのワンダとの対決の中で、アメリカ・チャベスからそのパワーを奪うことをせず、自らの運命を託す。彼がそういう選択を最後にとる、ということが、ちゃんと一本の映画の中で描かれているところ、観客がそれを信じられるところがこの映画でいちばんよかったところでした。最後にね、ウォンに一礼するのもいい。ソーサラースプリームへの敬意ある礼。ウォンは今作とにかく最高だったなーー、ストレンジ先生とのバディ感めっちゃいいよね。

これでワンダは退場してしまうのかな。あのチャールズが読み取った、閉じ込められたワンダのシーン切なかったな。あのすべてをコントロールする驚異のパワーを手に、迷いのない彼女が還ってくる姿をまた見たい気持ちもあるけども。でもって、ストレンジに最後話しかけた女性は何!?シャーリーズ・セロンだよね!?彼女もMCU参戦なの!?はーあまだまだお楽しみが続きますなMCU

「カモン カモン」


マイク・ミルズ監督、ホアキン・フェニックス主演。またモノクロ!「ベルファスト」の感想でも書いたけどモノクロに苦手意識があるんです私!でも予告編がむちゃくちゃ魅力的だったのでこれは見たいなと思い足を運んできました。

ラジオ局に勤めるジャーナリストのジョニーは子どもたちに対して今の自分や両親のこと、自分の、世界の将来について集中的にインタビューする企画を手掛けている。母の命日にふと思い立って妹のヴィヴに電話をすると、彼女の夫がトラブルを抱えており、一人息子のジェシーを預かってもらえないかと打診される。

しみじみと良い映画だったし、何が一番印象に残ったかって「人との距離感」ということについてすごく丁寧に丁寧に描写されていたところなんですよね。ジョニーとヴィヴは晩年の母の介護を巡って確執があったことが描写されていて、かつそれ以外にも兄妹の距離を遠ざける要因があったこともわかるんですが、でもなんつーか…血のつながりがあるからってそこを言い訳にするんじゃなく、一歩一歩確かめてお互いの今の距離を測ろうとする。あの最後のね、電話のところ、リアルだったし、胸に深く残るものがありました。

ジョニーとジェニーの関係性もまさにそうで、面倒見る側と見られる側、大人と子供、のステレオタイプな距離感に落とし込まず、探り探りお互いがお互いの距離をはかるようなエピソードを丁寧に積み上げていたなあと思います。ジョニーが教本のとおりにジェニーに謝罪するところ、素晴らしかったですよね。あそこでジェニーが「ぼくもおとうさんみたいになるのかな?」って自分の生存の不安みたいなものをこぼすのも、ここでようやく信頼関係が構築されたんだなという感じがしてとてもよかった。

眠る前のリラックス(足を休めて、手を休めて…っていうアレ)、すごくよさそうだった。ああいう睡眠導入音声あってもいいとおもうぐらい。

何を隠そう、私は「手紙」というアイテムのもつ一種独特の切なさが大の好物なんですけど、本作では文字ではなく「音」がその役割を果たすの、うまい~~と思ったし、こういうのに弱いんやおれは~~ともなった。ジョニーがきみはこの日々のことをおぼえていられなくなるだろう、でも僕は忘れない、というとこもむちゃくちゃぐっときまくった。

差し挟まれる子どもたちへのインタビューのリアリティも相俟って、どこかドキュメンタリのような手触りのする映画だったなと思います。ホアキン・フェニックスはこういう役の方が個人的にはツボ。良き映画でした!

「広島ジャンゴ」

先に観劇した友人らの「きつい」「しんどい」評に、そ、そうなの?どうやら思てたんと違うらしい…とおっかなびっくり見てきました。先に心構えができててよかった。確かにしんどい。確かにマッドマックス。いや主演天海さんで鈴木亮平が馬でって言われたらそこにおポンチの香りをかぎとってもしょうがないと思うのよ。でも蓬莱さんだからね!そういう方向にいくわけなかったね!

最初に描かれる「現実」のシーンのしんどさ、そのえぐみがあまりにも濃く、「これ2時間ずっとだったらマジで心折れる」と暗澹たる気持ちになるほど。最悪な意味での「家族のような職場」、休日にクソみたいな上司につきあわされ、野球の話を振られ…あああいやだ。マジであの職場、秒でやめる。

その職場で上司の腰巾着というか米つきバッタといおうか、とにかく事なかれ主義を絵に描いたような鈴木亮平演じる木村は、勧善懲悪ものの西部劇を繰り返し観ることで心のバランスを保っているが、ある日目覚めるとその西部劇の世界に入り込んでいて、しかも自分は馬だった!という筋書き。

自分は馬だった!というのは、あの世界での無力感を描く(現実での無力さと繋がってる)ための装置なんだけど、こちとら新感線で産湯を使っている人間なので、「ヒトが馬…おもろいに決まってるやん!」みたいな、オモロ装置としてとらえちゃうところに超えられない壁があったという感じか。

西部劇世界においては町長が町民の生命線であるところの「水」を抑えて暴利の限りを尽くすという、お前はどこのイモ―タン・ジョーだよという感じだし、その町長の舌先三寸に言いくるめられる民衆のしんどさも容赦ないのだが、しかし蓬莱さんの筆はやっぱり現実世界の「しんどさ」の方により細かく書き込みされているという感じなんですよね。木村の姉が出てくる場面、あの「20分の昼休み」の描写はまさに蓬莱さんの真骨頂というほかなく、この場面があるから西部劇世界でのディカプリオの大暴れにつながり、それがさらに現実世界での、絶対的なボスへの反抗につながるという。

20分の昼休みすら持つことのできなかった自分の姉との対話を経て、今自分の目の前にある「そうなるかもしれないし、そうじゃないかもしれない」人との対話につなげていくところはさすがだなという感じ。

逆に言うと西部劇世界はそれとは真逆のはっちゃけぶりがあってもよかったなと思う。もう少しケレン味多めでお願いしますー!と言いたくなるのは、芯に天海祐希を持ってきているメリットをもっと活かそうぜえ!!というシアターゴアー心ですね。

天海さんは何をやらせても声の良さが際立つというか、カッコよくキメようとしなくてももう、存在から匂い立つカッコよさがすごい。最初のシーンで必死にオーラ消してますけどもれてますよ感あった。鈴木亮平さんももちろんよかったが、役者のタイプ的にはこういう無力感にのたうちまわる役よりも、それこそ暴君タイプの方で見てみたかった気も。池津さんも宮下さんも声の存在感が群を抜いていてさすがでした。

「愛に関するいくつかの断片」五反田団

  • アトリエヘリコプター 全席自由
  • 作・演出 前田司郎

一昨年拝見した五反田団の「いきしたい」が素晴らしかったので、今回の新作も是非拝見したいなと思い足を運んできました。アトリエヘリコプターちょう久しぶり。観劇後にツイッターで検索するまで、劇場で客入れをされていた方が歌人枡野浩一さんだと知らなくてビックリしました。2020年に上演予定だった作品がコロナ禍で中止(前田さん曰く、『稽古2日目に自分が発熱し、もうダメだと思った』)、今回満を持しての上演とのこと。

男女の関係を巡るやりとり、対話がベースですが、これが相手も場所もシームレスに展開していくのがすごく演劇的でよかった。「愛」というひとりの人物をめぐる描写と、「愛」という形にないものを語る描写が絶妙に交錯したりしなかったりしながら会話は続いていく。終盤はまさにその「愛」のゆくえをめぐっての駆け引きめいたサスペンス風味もあり、90分間があっという間。

俺はまだ愛を知らないから、愛を殺したの?全部、愛のせいにしたんですね…。「いきしたい」でもそうだったけど、ひとつの言葉がふたつのことを指しているように聞こえたり、それがまたひとつのものに収束したりというその押し引きの巧みさがすごい。こういうの、ただダブルミーニングを匂わせるだけでは観客の集中力が持ってかれるだけだと思うんだけど、興味を惹いたまま話はぐいぐい推進させ、これは、今のは、と観客がさっとそのものに触れる感触だけはしっかり与えてくれるという、プロの仕事やわあ…と感心しきり。これは上演台本読みたくなっちゃうやつですね。

中盤ぐらいで外の天気が豪雨となり、その雨の音がもろに会場に響いていたんだけど、これがまた絶妙な効果音というか。憲治が森田の家を訪ねた時の「雨だぜ」という台詞はアドリブだったのだろうか。

加奈を演じた鮎川桃果さんの佇まいというか、表情、しぐさ、すべてが「いる…」「知ってる…」というほどに実在感がすごく、マジで喫茶店で隣り合わせたOLの会話を小耳に挟んでいるようなリアルさがあったなー。夏子の「幸せになってほしいだけ」と言いながらすべての「愛」を否定するかのように、ものごとが壊れるように動いてしまうさまも、底知れなさと同時になんともリアルで印象に残りました。憲治と加奈が沈黙の我慢比べをする場面とかも、なんかこうすべてが「あるわ」「いるわ」の連打で、でもぜんぜん陳腐なやりとりになってない。会話の見せ方が終始工夫されててそこで笑いが出ることも多く、満席の劇場の雰囲気、降りしきる雨の音も相俟って豊かな観劇、豊かな時間だったなーと思います。

「奇蹟」

シスカンパニーのプロデュース公演、脚本は北村想さんの新作、演出は寺十吾さん。まああれだ、最初に言っておくと、やっぱりSISカンパニーのプロデュース公演と相性悪いな俺!ということを改めて実感することになった。「友達」のときに学んだんじゃないのかい。いやそうなんだけど、この間アート館で命ギガ長スを観た時に劇場で売っててなんかその高揚感だけでチケット買っちゃったんだよ。

井上芳雄さんが記憶喪失の探偵で、鈴木浩介さんが相方ワトソン役で、このふたりの掛け合いとかは正直すごく面白かった。キャストもさすがSISカンパニーというか、あの役に大谷亮介さん持ってくるかね!贅沢ゥ!という感じだったし。

謎めいた、意味深といってもいいセリフのやりとり、差し挟まれる観念的な台詞、突然の音楽、客席への語り掛け…。そういうあれこれが、なんというか私の育ってきた小劇場演劇あるあるだよなあ~と思い、そう思うからこそ、もうちょっとアップデートしてほしいという気持ちが湧き上がるという複雑な心境。ピロティの音響のせいもあるのか、一部台詞が聞き取りにくいところがあったのもちとつらいところだったな。普通なら気にしないようなところでも、台詞がなにせ一筋縄じゃいかないので、少しの聴き取れなさがストレスになってたまってくる感じ。

これ本当に何度も言っているんだけど、若手の脚本家の作品を取り上げてみてほしいのよ。そういう人に「場」を与えることもSISならできるんじゃないのかって思ってるんですよ。いやまあこれも私の勝手な願望に過ぎないんですけども。劇中で、鈴木さんがこう、軽くいじるみたいな感じで客席に「ついてこれてます?」って聞く場面があるんだけど、私の隣の席の男性がゆっくり首を横に振っていたのを見て、わかるよって思ったし、ついていけてないけど興奮する!みたいな熱量を感じられたわけでもなく、なんというか、いやーやっぱり気が合わないな、という感想になってしまいました。

「命、ギガ長スW【ギガ組】」

久しぶりの近鉄アート館。なんかそれだけで心がオープンになる感じがある。あの2階にあがっていく階段のとことか、見える風景とか、あのサイズ感。べつに座り心地のいい椅子でもないのに、落ち着く。
そういう効果があったのかなかったのか、初演も拝見しましたけど、いっそう沁みたというか、ますますこの戯曲の好き度があがったというか。長ス組も気になったんですが、あのラストのセリフを安藤玉恵さんで聴きたい一心でギガ組を選択。

1時間45分て、それなりの尺ですけど、いやマジであっという間だったな。アサダさんとオサムが「ドキュメンタリで撮られること」についてやり合うところ、なんか松尾さんのスタンスの結晶みたいなセリフが多くて心のメモ帳がいそがしい。「無職に理由を求めるな」ってすげえパンチラインよね。きれいな無職、きれいなアル中なんです。まざりっけなしの。そういうものを大衆は受け止められない。理由がほしい。理由というか、物語が。でもそんなものは高みの見物だからこその「物語の押し付け」にすぎない。

母親が風呂場で溺れるオサムの手を引っ張るシーン、あの「混ざるのよ、混ざるのよ」から、安藤玉恵さん演じるあの役柄の、というか、あの舞台の上に渦巻いてるエモーションが、自分の中に一気に流れ込んでくるような感覚があって、なんかもう、泣いちゃったんですよね。生きてなきゃだめなのよ、やっぱりまだ手が離せない、ただ、いたずらに、引き延ばすだけでもいいので。

いやー、すごい台詞書くなあホント。混ざるのよ、にしても、風呂場と電話の話にしても、劇中で最初に振ったときとのあの高低差がむちゃくちゃ効いてる。

初演キャストである安藤玉恵さんの素晴らしさは言うまでもなし。宮藤さん、「悪霊」とか松尾さんのあとに同じ役をやるケースあるけど、通底するものはあってもけっこうカラーが違いますよね。1人変わるとこれだけ色合いが変わるんだから、長ス組はかなり感触の違う作品になってるんだろうなあ。

松尾スズキさんの作品をそれなりに観てきていて、好きな作品もちろんたくさんあるんだけど、同時に「私は芯をとらえられてないな」と思うものもたくさんあるんですよね。で、私は松尾さんのいい観客じゃないのかもな~なんて思ったりもしてたんだけど、この「命、ギガ長ス」はなんというか、すごく自分にジャストというか、すげえ、好きだ、と思える作品だなと再演を見て確信しました。ここしばらく自分の体力の低下もあって以前のように積極的な観劇スケジュールを組めてなかったけど、この作品のおかげで少し前のめりになれそう。観て良かったです。

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」

f:id:peat:20220418002805j:plain
ファンタビ第3弾!第1作公開当初は三部作だよー言うてて、それがフタをあけたら5部作になったわーってどんどん広がる風呂敷。5部作という言葉が真ならちょうどシリーズ折り返しです。監督は前2作に引き続きデヴィッド・イェーツ

前作からダンブルドアとグリンデルバルドの過去の因縁に物語の軸足が移ってきてて、今作はさらにその色合いが濃いです。魔法界のトップを決める選挙戦の中、犯罪者として追われる身だったはずのグリンデルバルドは巧みな人心掌握術で無罪放免を勝ち取り、のみならずその選挙戦に名乗りを上げる。その切り札としてグリンデルバルドが用意したのが魔法界で珍重される生まれたての麒麟の子どもだった…という発端。

ファンタビの第1作は、ハリポタにずっぱまってない人間でもかなり広く門戸を開かれていたと思いますが、今回はダンブルドアとグリンデルバルドに焦点当たっていて、かつそのあたりの基礎知識は織り込み済みだよねみんな!みたいな感じではあった。あと脚本としては正直いまいち…というか、あまりにも有機的に各エピソードが繋がっていないきらいがあって、この登場人物の、こういう場面を見せたい、という数珠繋ぎでしかないというか。ユスフ・カーマのあの潜入(と記憶消去)の意味はどこに?ってなるし、記憶消されておしまいじゃなくてそれに対する反作用まで書くべきでは?と思った。テセウスが刑務所に入れられて救出しにいく流れもそうだし、冒頭の麒麟の誕生も出し、そのほかのシーンでも他出してましたが、背後をとられて昏倒、の連続でアイデアが一辺倒に感じられてしまったなー。クリーデンスのエピソードにしてもうまく物語に組み込めてなかったように思う。

組み込めていないといえばティナが「忙しい」って理由でまったく姿を現さないのも不思議だった。ニュートとの関係というより、妹がグリンデルバルドのところに走ってるのに放置すっか…となっちゃうし、あまりにも不自然だったなと。キャストスケジュールの都合とかだとしても、もう少しフォローしてあげてもいいのでは(影ながら動いてたとかさ)と思った。

しかし、そういうもろもろありつつも、ここまで積み上げてきた膨大な世界観と膨大な書き込み、それに立脚したキャラクター造形、その引力が相当すごいので、普通に楽しんで観られちゃうのはすごい。ダンブルドアとグリンデルバルドのシーンだけ作者の筆圧バリ高みたいな感覚は前作と同じで、いやもうクライマックスとかさ、これが僕の愛 これが僕の心臓の音…じゃねーんだよ!!!って心の中でツッコミが炸裂した私である。そうそう、今作では降板したジョニー・デップに代わりグリンデルバルドをマッツ・ミケルセンが演じてますけども、今作のグリンデルバルドが暗躍よりも権力掌握に傾く造形だったので、まーじでずっぱまりだった。さすがですね。

私はこの作品の中ではニュートとお兄ちゃん、ニュートとジェイコブの関係性が好きなので、そこを追っているだけでも普通に楽しかったです。お兄ちゃんとりあえず今作は生き延びた。よかったね。マンティコアのシーンは今作一番の笑いどころ。マンダ先生まじマンダ先生。今回初登場のユーラリー先生もすごく魅力的だったな~。正しい鞄を持っているのが誰か…というクライマックスの展開は個人的に大好き。有能!!

今回のラストシーンが「あれっ3部作で終わりだっけ?」と思うほど大団円ぽく(だって結婚式でラストって、ピリオド打つときの常套手段じゃん)、この先どういう展開になるんdなろうなと思いつつも、まあグリンデルバルドが絡んでくるんだろうけど、個人的にはこのシリーズにはやはり魔法動物がもっとバンバン新種も含めて出てきてほしいなと思っております。あとはテセウス兄さんがどこまで生き延びてくれるかだよ…!最終作ラストシーンまで生き残っていたらお赤飯!炊きます!