「四月大歌舞伎 第一部」

「猿翁十種の内 小鍛冶」。初見です!猿之助さんが童子実は稲荷明神、中車さんが三条小鍛冶宗近。いやー楽しかったな。猿之助さんのこういう「常ならぬもの」な雰囲気をまとったお役大好き。稲荷明神のお姿がまた神々しさとキュートさが綯交ぜになってて目が離せませんでした。

勧進帳」。幸四郎さんの弁慶、松也さんの富樫。連獅子とか勧進帳とかって、最初に見た時よりも回数を重ねて観るごとにどんどん面白さが増すというか、山伏問答のところとか今はもうワクワクして見ちゃう。古典の力ってことなんですかね。

幸四郎さんの弁慶、拝見するの2度目かな。お声が太く、大きくなって、安定感が増して、最初に拝見したときとはまた違うフェーズに行かれてるんだな~というのがよくわかる弁慶だと思いました。同時に、やっぱりその時にしか観られないものってあるよなというのを改めて実感したところもありますね。松也さんの富樫も、この初役の今だからこそのものって絶対にあるんだろうな。すっきりと清新な空気があって、松也さんの富樫もこれから拝見する機会が増えそうですね。

花道に近いとちり席という最高のポジションで稲荷明神な猿之助さんと弁慶な幸四郎さんを拝見できて、なんだか鬱々とした気持ちだったり、目に見えないけれどなにかこう、自分にまとわりついている悪い「気」のようなものを祓っていただいたような気持ちになりましたよ。