「プロミシング・ヤング・ウーマン」

f:id:peat:20210722222150j:plain
本作が監督デビュー作、エメラルド・フェネル監督・脚本。第93回アカデミー賞脚本賞受賞。主演はキャリー・マリガン

すごく精緻な脚本で、ぐいぐい引っ張られながら見ました。おすすめです。展開を知っていても面白く見られる作品だと思いますが、いちおう公式的にはバレ回避で見てもらうのを推奨しているようなので、これからご覧になる予定の方におかれましては、以下具体的な作品の展開に触れていますのでご注意くださいませ。

夜ごとバーに出かけては、泥酔したフリをして、「お持ち帰り男」たちに逆襲するキャシー。彼女はかつて医学部に通う将来を嘱望された女性だったが、今はコーヒーショップで働き、友人も恋人もおらず、その日ぐらし、といった毎日を続けている。30歳になって実家から出ていく素振りのない彼女を両親も持て余している。そんなある日、キャシーの働くコーヒーショップでかつての医学部の同級生に偶然再会する。

キャシーの復讐は一貫して「応分」というか、目には目を、歯には歯を、で「目には目と歯を」にはならない。そこが彼女の理性というか、あるべきだ、とおもう世界への執着が現れている気がする。私はてっきりお持ち帰り男たちを殺すかちょん切るかぐらいすんのかしらと思っていたので、慌てさせ恥をかかせて仕舞いにするというキャシーのスタンスに最初はちょっと驚いた(赤い徴は流血沙汰かとも思うが、殺してないのは間違いない。殺してたら多分警察の手の方が早い)。しかし、泥酔して意識がはっきりしていないと思ってお持ち帰りした女がド素面で自分の行為を観察していたとわかったときって、男性ってあんなに取り乱すものなんですか。でもそこんとこでリアルじゃないってツッコミが入らないところを見るとぜんぜん「あるある」なんでしょうね。ぜったいに反撃されないと思っているからああいうことができる、ちょっとでも相手の人間性を重視してたらそんなことはできない、つまるところモノとしか見ていなかったものが飛び上がって人間になって「オイこら何やってんだよ」と言われたぐらいの衝撃なのかもしれない、あのお持ち帰り男たちにとっては。

「前途有望な若者(プロミシング・ヤング・マン)」がたった一度の過ちで人生を棒に振るなんて…という擁護はじっさい、誰のなんの心も動かさない、ということを2時間かけて叩き込まれる映画でもありますね。

あまりにも途中までライアンが恋人として「こうあってほしい」というふるまいしかしないので、これで終わるわけがねーよなと思っていたし、アル・モンローがニーナにしたことをキャシーが話したときに「仲間たちの面前で」と言っていたので、そういうことなんだろうなと思いながら見ていました。キャシーの「復讐の応分」さはアルやジョーやウォーカー、マディソンに対してもしっかり発動していて、もっとも許されざる者にもっとも苛烈な復讐を成し遂げているところ、本当にクレバーな女性なんだなと思わせます。よく「こんなことをしても死者は喜ばない」的な慣用句で復讐をいさめるパターンがあるけど、しかし自分の世界を破壊したものがのうのうと生きていることを看過したまま命を永らえることなんてできない、と思うひとがあったとして、それを止めることができるのは他者ではないよな、という気がします。

話がそれるかもしれないけど、「ザ・ホワイトハウス」のあるエピソードで、自分の娘がレイプされ殺されたら、という話のなかである人物が言う「私は『自分の娘がレイプされて殺されたら』、と言ったんですよ。あなたはとても正気ではいられない。だからこの場合、あなたに犯人を裁く権利がないのは、いいことなんです」という台詞を思い出しました。

印象に残ったのは、キャシーが復讐のターゲットのひとりに選んだジョーダンを赦す場面。あれは、ひとえにジョーダンがニーナの名前を憶えていたからなんじゃないかと思う。映画全体に「名」に対するこだわりは貫かれていて、お持ち帰り男たちを罰するキャシーがつけていたノートにはその数と同時に男の名前が記されていたし、アル・モンローに対しても「おまえにこそニーナの名前が付きまとうべき」と言い放っている。名はもっとも強烈な呪。

しかし、ジョーというキャラクターは、絶妙に「こういう人間を友達にもったらアカン」という行動しかしていないのがすごい。おまえが動画を撮らなければ、あそこで隠ぺいを教唆しなければ…しかし、時すでに遅し。

この映画を見て、自分はモンローやジョーのような人間ではない、と思うことは簡単かもしれないけど、マディソンでもライアンでもない、自分はあんな人間であるわけがない、と心底信じられる人がいたら、たぶんそういう人こそ危ないんじゃないですか。マディソンもライアンも、きっと自分たちのことをそう信じていただろうから。